2004年10月29日

『 狂放』(東京国際映画祭)

東京国際映画祭が続いています。本日は日中の渋谷に行ってきました。『狂放』という台湾映画です。以下、とっても辛口なんで、明日の上映、もしくはどこかでこれから観る方は観てからお読みくださることをおすすめします。

高校卒業して、なんとなくぷらぷらしている台湾の若者たちのおはなし。刺青いれたりクラブで踊ったり。大学に行っている子もいるけれども。画面も暗めで、久しぶりに映画を観ていて眠くなった。主要な登場人物が男の子2人女の子1人の3人なのか、あともう一人の女の子もいれて4人なのかもよくわかんなかった。男の子ふたり、女の子ふたり、それぞれの区別もつかなかった。男の子同士、女の子同士で同性愛やってるってことはわかるんだけど、だから? ってかんじ。それなりに物語はあるみたいなんだけど、過程が省略されているから、ラストもなんでこうなるのか、さっぱりわからんのである。

私は結構あちこちでほめられていたイラン映画『ブラック・ボード -背負う人-』を映画館で観て爆睡した感性の持ち主である。タイトルど忘れしたが結構評判だった香港のインディーズ映画も眠かった。なので、観客に問題があると片づけていただいてもいいのだが、台湾の現代風俗を描いた映画を日本人の観客がみているから、ということもあるような気がする。日本には高校卒業してうだうだしている若者なんて、何年も前から掃いて捨てるほどいて格段珍しいことではない。
日本には彼らを主人公にした、地味めの秀作映画も多い。なので、この作品に描かれた若者たちは、どうもパンチ不足なのだ。大学受験に熱をいれ、台北の駅前に予備校が乱立している台湾ではエッジな部類の若者なのかもしれないけど。
日本以外のアジア圏のここ数年のうだうだ系若者を描いた映画としては香港のフルーツ・チャンの『メイド・イン・ホンコン』がまず思い出されるが、この作品にあるような時代背景や場面の作り方からくる切なさも感じられなかった。

なにか言いたいことがあるってのはわかる。過程の省略も意味のあることかもしれないし、プロットの構成とか、場面の切り替えとか、工夫しているのはわかるから手厳しいことをいうのは酷ではあるのだが。


『狂放』
監督:レスト・チェン (2004年 台湾)
posted by 夏居 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[リンク集]東京国際映画祭“アジアの風”評判記・続
Excerpt: 映画祭も本日で最終日ですね。続々といろいろな方の参観レポートがアップされていて、楽しく拝読させて頂きました。また、分かっている範囲ですが、日本での配給が決まっている作品についての情報もいくつかありま..
Weblog: 観映網
Tracked: 2004-10-31 10:22

2004年10月29日

『 狂放』(東京国際映画祭)

東京国際映画祭が続いています。本日は日中の渋谷に行ってきました。『狂放』という台湾映画です。以下、とっても辛口なんで、明日の上映、もしくはどこかでこれから観る方は観てからお読みくださることをおすすめします。

高校卒業して、なんとなくぷらぷらしている台湾の若者たちのおはなし。刺青いれたりクラブで踊ったり。大学に行っている子もいるけれども。画面も暗めで、久しぶりに映画を観ていて眠くなった。主要な登場人物が男の子2人女の子1人の3人なのか、あともう一人の女の子もいれて4人なのかもよくわかんなかった。男の子ふたり、女の子ふたり、それぞれの区別もつかなかった。男の子同士、女の子同士で同性愛やってるってことはわかるんだけど、だから? ってかんじ。それなりに物語はあるみたいなんだけど、過程が省略されているから、ラストもなんでこうなるのか、さっぱりわからんのである。

私は結構あちこちでほめられていたイラン映画『ブラック・ボード -背負う人-』を映画館で観て爆睡した感性の持ち主である。タイトルど忘れしたが結構評判だった香港のインディーズ映画も眠かった。なので、観客に問題があると片づけていただいてもいいのだが、台湾の現代風俗を描いた映画を日本人の観客がみているから、ということもあるような気がする。日本には高校卒業してうだうだしている若者なんて、何年も前から掃いて捨てるほどいて格段珍しいことではない。
日本には彼らを主人公にした、地味めの秀作映画も多い。なので、この作品に描かれた若者たちは、どうもパンチ不足なのだ。大学受験に熱をいれ、台北の駅前に予備校が乱立している台湾ではエッジな部類の若者なのかもしれないけど。
日本以外のアジア圏のここ数年のうだうだ系若者を描いた映画としては香港のフルーツ・チャンの『メイド・イン・ホンコン』がまず思い出されるが、この作品にあるような時代背景や場面の作り方からくる切なさも感じられなかった。

なにか言いたいことがあるってのはわかる。過程の省略も意味のあることかもしれないし、プロットの構成とか、場面の切り替えとか、工夫しているのはわかるから手厳しいことをいうのは酷ではあるのだが。


『狂放』
監督:レスト・チェン (2004年 台湾)
posted by 夏居 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[リンク集]東京国際映画祭“アジアの風”評判記・続
Excerpt: 映画祭も本日で最終日ですね。続々といろいろな方の参観レポートがアップされていて、楽しく拝読させて頂きました。また、分かっている範囲ですが、日本での配給が決まっている作品についての情報もいくつかありま..
Weblog: 観映網
Tracked: 2004-10-31 10:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。