2004年10月11日

英雄 HERO

テレビ放映で「英雄 HERO」を見直す。


隅々まで計算しつくされた画面が美しい。構図、色使いに隙がない。人物の配置も狂言回しとしての無名、花形役者としての殘劍と飛雪および如月、ほかの者たちに命を狙われていることから話の中心となる秦王、起承転結の起となる長空、と無駄がない。またそれぞれに適切な役者があてられており、バランスもよい。「グリーン・ディスニティー」など、近年武侠映画(現代風中華時代劇)は豊作が続く。制作費3000万ドルは、中国史上最大というがこの作品ならば納得いく。

飛雪を演じる張曼玉(マギー・チャン)が存在感を示している。中華圏で今最も勢いのある女優である章子怡(チャン・ツイィー)に貫禄で勝っている。チャン・ツイィーも、トニー・レオン扮する殘劍にひたむきに仕え慕う侍女・如月をひたむきに演じている。殘劍のパートナーである飛雪は、トニー・レオンの相手役というよりもチャン・ツイィーの相手役としてみたほうが見所がある。
飛雪(マギー・チャン)と如月(チャン・ツイィー)の関係は昨今、経験を重ねた実力のある女が、評価されるようになってきた社会情勢とも密接につながっている。数十年前ならば、このような脚本になったか、また演じきれる中華女優がいたか、疑問である。
マギー・チャンはもともと平板な丸顔で、アジア人らしいやや幼い顔立ちをしている。本作品では目を切れ長にみせ、剣の実力もある大人の女となっている。「宗家の三姉妹」「ラブソング」「花様年華」と、ここ数年の出演作には、年相応の女を魅力的に演じることができる、安定感ある大女優といった感がある。

梁朝偉(トニー・レオン)は武侠映画むきの俳優とは、正直思えない。どちらかというと、優男。特に逞しい体をしているというわけではない。優れた俳優であるので、危なげなく殘劍を演じているものの、剣の達人であるという設定には違和感が残る。
李連杰(ジェット・リー)は登場場面が多いにもかかわらず目立たない。無名は話の結末を飾る主要な役柄であるが狂言回しに徹している。主演作品も多いアクション俳優であるにもかかわらず地味である。色気のある役どころをトニー・レオンにもっていかれているところもあろう。が、これはジェット・リーの資質としてのストイックさが、映画の引き締め役として効果的に使われているとみることもできる。
長空は甄子丹(ドニー・イェン)。監督の印象が最近強い。日本で釈由美子の修羅雪姫のアクション指導で注目されたためか。秦王は陳道明。

ストーリーはあるようで、ない。画面の美しさと役者を鑑賞する作品である。

「英雄 HERO」
2002年 中国 監督:張藝謀(チャン・イーモウ) 
posted by 夏居 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

2004年10月11日

英雄 HERO

テレビ放映で「英雄 HERO」を見直す。


隅々まで計算しつくされた画面が美しい。構図、色使いに隙がない。人物の配置も狂言回しとしての無名、花形役者としての殘劍と飛雪および如月、ほかの者たちに命を狙われていることから話の中心となる秦王、起承転結の起となる長空、と無駄がない。またそれぞれに適切な役者があてられており、バランスもよい。「グリーン・ディスニティー」など、近年武侠映画(現代風中華時代劇)は豊作が続く。制作費3000万ドルは、中国史上最大というがこの作品ならば納得いく。

飛雪を演じる張曼玉(マギー・チャン)が存在感を示している。中華圏で今最も勢いのある女優である章子怡(チャン・ツイィー)に貫禄で勝っている。チャン・ツイィーも、トニー・レオン扮する殘劍にひたむきに仕え慕う侍女・如月をひたむきに演じている。殘劍のパートナーである飛雪は、トニー・レオンの相手役というよりもチャン・ツイィーの相手役としてみたほうが見所がある。
飛雪(マギー・チャン)と如月(チャン・ツイィー)の関係は昨今、経験を重ねた実力のある女が、評価されるようになってきた社会情勢とも密接につながっている。数十年前ならば、このような脚本になったか、また演じきれる中華女優がいたか、疑問である。
マギー・チャンはもともと平板な丸顔で、アジア人らしいやや幼い顔立ちをしている。本作品では目を切れ長にみせ、剣の実力もある大人の女となっている。「宗家の三姉妹」「ラブソング」「花様年華」と、ここ数年の出演作には、年相応の女を魅力的に演じることができる、安定感ある大女優といった感がある。

梁朝偉(トニー・レオン)は武侠映画むきの俳優とは、正直思えない。どちらかというと、優男。特に逞しい体をしているというわけではない。優れた俳優であるので、危なげなく殘劍を演じているものの、剣の達人であるという設定には違和感が残る。
李連杰(ジェット・リー)は登場場面が多いにもかかわらず目立たない。無名は話の結末を飾る主要な役柄であるが狂言回しに徹している。主演作品も多いアクション俳優であるにもかかわらず地味である。色気のある役どころをトニー・レオンにもっていかれているところもあろう。が、これはジェット・リーの資質としてのストイックさが、映画の引き締め役として効果的に使われているとみることもできる。
長空は甄子丹(ドニー・イェン)。監督の印象が最近強い。日本で釈由美子の修羅雪姫のアクション指導で注目されたためか。秦王は陳道明。

ストーリーはあるようで、ない。画面の美しさと役者を鑑賞する作品である。

「英雄 HERO」
2002年 中国 監督:張藝謀(チャン・イーモウ) 
posted by 夏居 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。