2004年12月13日

『F2A』vol.5 ようやく入手

品切れ続出の『F2A』vol.5、某都内ターミナル駅の大型店でようやく発見。26ページの薄い冊子のわりには690円とよいお値段がしますがどの記事も読み応えあり、オールカラーで充実してます。Free Access Asia編集部なるところ、大阪市にあるとのことです。大阪発の雑誌コードをとっていない雑誌ですがなかなかに頑張ってます。地方発の専門誌というのもありなのね。

さてKen Chuインタビューが目玉記事なわけですが、Kenちゃん、日本を美化しすぎですな。ただ、芸能人にとって日本は仕事しやすいところ、というのはおそらくそのとおりなんでしょう。日本人が中国(特に大陸)芸能界で仕事するのはとてもたいへん、ということの逆ですね。そのほか旭くんのアルバム関係の台湾レポートもあり。小さな活字で記事を詰め込んであるのは私好みですが、老眼の人にはつらいかも。

張國栄の半生のミュージカルを北京で上演なるニュース。主演俳優はレスリーの歩き方や視線を身につける訓練をうけたとかって、おい。主演俳優の陳志朋って、ニッキー・ウーといっしょに台湾で小虎隊やってた人かね? 3月に上海で初演だったそうです。そのときのニュースはこちら。似てはいるし芸歴もある人だけどね。没後1年で他人が演じるのは性急に思えるんですが、舞台の出来にもよる。
そういや小虎隊って10年前の台湾アイドルボーイズグループ、F4の大先輩ともいえる。
posted by 夏居 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

2004年12月13日

『F2A』vol.5 ようやく入手

品切れ続出の『F2A』vol.5、某都内ターミナル駅の大型店でようやく発見。26ページの薄い冊子のわりには690円とよいお値段がしますがどの記事も読み応えあり、オールカラーで充実してます。Free Access Asia編集部なるところ、大阪市にあるとのことです。大阪発の雑誌コードをとっていない雑誌ですがなかなかに頑張ってます。地方発の専門誌というのもありなのね。

さてKen Chuインタビューが目玉記事なわけですが、Kenちゃん、日本を美化しすぎですな。ただ、芸能人にとって日本は仕事しやすいところ、というのはおそらくそのとおりなんでしょう。日本人が中国(特に大陸)芸能界で仕事するのはとてもたいへん、ということの逆ですね。そのほか旭くんのアルバム関係の台湾レポートもあり。小さな活字で記事を詰め込んであるのは私好みですが、老眼の人にはつらいかも。

張國栄の半生のミュージカルを北京で上演なるニュース。主演俳優はレスリーの歩き方や視線を身につける訓練をうけたとかって、おい。主演俳優の陳志朋って、ニッキー・ウーといっしょに台湾で小虎隊やってた人かね? 3月に上海で初演だったそうです。そのときのニュースはこちら。似てはいるし芸歴もある人だけどね。没後1年で他人が演じるのは性急に思えるんですが、舞台の出来にもよる。
そういや小虎隊って10年前の台湾アイドルボーイズグループ、F4の大先輩ともいえる。
posted by 夏居 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。