2004年11月24日

『柔道龍虎榜』日本での公開おそらく未定のところになんですが

平日昼間、お仕事を抜け出して東京フィルメックスへ。『柔道龍虎榜』、月曜夜のチケットがとれなかったんで本日昼に鑑賞。月曜のチケットはあっという間に売り切れたとか。監督はジョニー・トー(杜[王其]峰) だし、出演者にルイス・クー、あーろん、こはる、カーファイとくれば、傑作を期待するのが香港電影迷というもの。

なのに、なんでこうなるのやら。なんで柔道なのか。黒社会がでてくるのか。タレント志望の女の子を登場させる必然性はどこにあるのか。結局なんなのやら。柔道を素材にした目の付け所は悪くないのに消化できてない。黒澤明でなくってアテネオリンピックに触発されて3日でつくったんと違うか、とつっこみたくなったのは私だけか。香港公開は7月8日ということなんでさすがにそれはないはず。

そうか、ジョニー・トーっていうんで『ザ・ミッション 非情の掟』とか『暗戦 デッド・エンド』を期待した私が悪かった。そういえばジョニー・トーってイーキンがマジシャンになる『暗戦 リターンズ』なんてのも撮ってたし。
純粋に香港オバカ映画として見れば、夜の路上でみんなでスーツ着て組み手やってたりして楽しい。あーろんの髪型はマンガチックだし。黒澤明の『姿三四郎』を見た上で見ればそれなりに見所満載なのかもしれないし。
でも、この作品をひっさげて「香港映画最前線~鬼才ジョニー・トーの映画術」って、いいのか。


『柔道龍虎榜』
監督:ジョニー・トー(杜[王其]峰) 香港 2004年
posted by 夏居 at 22:57| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

2004年11月24日

『柔道龍虎榜』日本での公開おそらく未定のところになんですが

平日昼間、お仕事を抜け出して東京フィルメックスへ。『柔道龍虎榜』、月曜夜のチケットがとれなかったんで本日昼に鑑賞。月曜のチケットはあっという間に売り切れたとか。監督はジョニー・トー(杜[王其]峰) だし、出演者にルイス・クー、あーろん、こはる、カーファイとくれば、傑作を期待するのが香港電影迷というもの。

なのに、なんでこうなるのやら。なんで柔道なのか。黒社会がでてくるのか。タレント志望の女の子を登場させる必然性はどこにあるのか。結局なんなのやら。柔道を素材にした目の付け所は悪くないのに消化できてない。黒澤明でなくってアテネオリンピックに触発されて3日でつくったんと違うか、とつっこみたくなったのは私だけか。香港公開は7月8日ということなんでさすがにそれはないはず。

そうか、ジョニー・トーっていうんで『ザ・ミッション 非情の掟』とか『暗戦 デッド・エンド』を期待した私が悪かった。そういえばジョニー・トーってイーキンがマジシャンになる『暗戦 リターンズ』なんてのも撮ってたし。
純粋に香港オバカ映画として見れば、夜の路上でみんなでスーツ着て組み手やってたりして楽しい。あーろんの髪型はマンガチックだし。黒澤明の『姿三四郎』を見た上で見ればそれなりに見所満載なのかもしれないし。
でも、この作品をひっさげて「香港映画最前線~鬼才ジョニー・トーの映画術」って、いいのか。


『柔道龍虎榜』
監督:ジョニー・トー(杜[王其]峰) 香港 2004年
posted by 夏居 at 22:57| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。