2004年11月18日

『藍色夏恋』清く正しく美しく

女の子二人、男の子一人の完全な三角関係である。制服姿の清く正しい青少年の恋愛が描かれる。
台湾映画らしい青春映画だ。メイキングで監督は台湾映画の重くて暗いイメージを払拭したかった、といっているが、明るい感じはあまりない。暗い、ということはないんだけど切なさが強調されて、それがどこか寂しさにつながる。淡い色彩、台北の街と海辺の街、ありがちなモチーフが印象に残る。音楽もほとんど使われず、セリフも少ない。

主役の男の子(チェン・ポーリン)、女の子(グイ・ルンメイ、リャン・シューホイ)がみずみずしくて可愛い。特に、グイ・ルンメイ(桂綸[金美])。やせっぽちでどこにでもいそうなんだけど、画面での表情がいい。ショートカットで大きな目で無愛想なのが可愛いのだ。チェン・ポーリン(陳柏霖)はどこにでもいそうな等身大の男の子が、ちょっと格好良くなった感じ。台湾で人気なのは本作を観て納得できる。

カンヌで大好評だったとのことだが、おうちでDVDとしてみるのには少々退屈。映画館でぼーっとスクリーンを眺めるにはいいのかもしれない。DVDの特典映像は、映画をスクリーンで観て気に入った人ならば見る価値あり。

主人公の彼らの年頃に観たら、また違った印象を持ったかもしれないな、と。


『藍色夏恋』(藍色大門/BLUE GATE CROSSING)
監督:イー・ツーイェン (2002年 台湾)
posted by 夏居 at 23:57| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

2004年11月18日

『藍色夏恋』清く正しく美しく

女の子二人、男の子一人の完全な三角関係である。制服姿の清く正しい青少年の恋愛が描かれる。
台湾映画らしい青春映画だ。メイキングで監督は台湾映画の重くて暗いイメージを払拭したかった、といっているが、明るい感じはあまりない。暗い、ということはないんだけど切なさが強調されて、それがどこか寂しさにつながる。淡い色彩、台北の街と海辺の街、ありがちなモチーフが印象に残る。音楽もほとんど使われず、セリフも少ない。

主役の男の子(チェン・ポーリン)、女の子(グイ・ルンメイ、リャン・シューホイ)がみずみずしくて可愛い。特に、グイ・ルンメイ(桂綸[金美])。やせっぽちでどこにでもいそうなんだけど、画面での表情がいい。ショートカットで大きな目で無愛想なのが可愛いのだ。チェン・ポーリン(陳柏霖)はどこにでもいそうな等身大の男の子が、ちょっと格好良くなった感じ。台湾で人気なのは本作を観て納得できる。

カンヌで大好評だったとのことだが、おうちでDVDとしてみるのには少々退屈。映画館でぼーっとスクリーンを眺めるにはいいのかもしれない。DVDの特典映像は、映画をスクリーンで観て気に入った人ならば見る価値あり。

主人公の彼らの年頃に観たら、また違った印象を持ったかもしれないな、と。


『藍色夏恋』(藍色大門/BLUE GATE CROSSING)
監督:イー・ツーイェン (2002年 台湾)
posted by 夏居 at 23:57| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。