2005年09月22日

ヴァネ@札幌

そういうわけで、札幌公開収録に参加してきた。既にあちこちに詳細なレポートや写真はあがっている。収録された番組はFM札幌、FM東京でオンエア予定とか。どうせならば日本各地のほかのFM局もオンエア検討していただきたい。話の内容、迷としては「そうだよね」と、いったところだが、ヴァネス本人が、ちょっとことばをさがしながら答える様子など、言葉にならない部分がききどころになると思われる。すべて英語での受け答えだったんで、中国語よりわかりやすいという日本人、多いだろうし。

特筆すべきは愛紗の頑張りぶり。日本人として台湾の芸能界に基盤をおいて活躍するために、ものすごく頑張っていることは、番組みてりゃよくわかるんだが、話きいてると、さらにこの娘、それだけでなく使命感に燃えてます。「日本と台湾の架け橋」ってこと意識していて、それを舌っ足らずな話し方で体現しようとしている。

司会のおねえさんもF4について予習をしっかりしてきて、突っ込むところは突っ込んでた。

さてヴァネス。場面場面で印象がかわる人だな、てのが印象。ステージで一人だけ決まってたり、ブランド品で身を固めていたり、F4@TOKYOおまけDVDみたいに派手な格好で町中を歩いていたり、といったこれまでのイメージと異なり、この日のヴァネは、ふつうの青年、むしろ少年っぽいイメージ。ブランド品ではあるようだがカジュアルな服装のせいもあるが、受け答えも、シャイなかんじで初初しい。アジアのスーパーボーイズグループの一員のはずなんだけど、そこからくる奢りのようなものはみられない。公開収録はじめてってのもあるし、日本で一般の迷の前で話すのはじめてってこともあるだろうけれども。会場からは「かわいー」の声。感心するのは、常に笑みを絶やさないこと。それもごく自然でフレンドリーな笑顔。さすがはアメリカ育ち、なんである。

それにしても1年前の今頃を思うと、感無量。いつのまにやら、F4を知らない日本人よりも知っている日本人のほうが多いんでないか、という状況になっている。口コミやインターネットのF4サイトの功績もさることながら、F4をとりあげてきた一般の雑誌の影響力は大きいとみる。特にBSfanとAERA。小耳にはさんだところ、両誌ともやっぱり本気の迷の玄人がかかわっているようで。仕事冥利につきるんではなかろうか。偉い。
posted by 夏居 at 23:28| Comment(5) | F4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

とても久しぶり

とてつもなく久しぶりの更新である。孝天@大阪以降、いまやF4を知らない日本人よりも知っている日本人のほうが多いんでないか、というような国内情勢である。日本で、一部のおたく的迷だけでなく、広く社会的に、ほかのアジアの国々と同じように、アジアのスーパースターをすごく自然に受け入れているってのは、嬉しい。時代がなせることではあれど、駅に巨大な広告がおかれたり、電車が走ったり、ブルース・リーもジャッキー・チェンも、レスリー・チャンですらできなかった技。
さぼっている間に「戦神」が放映終了。新たに「ラブ・ストーム」がはじまってるし。「戦神」は評判通り、見応えありました。原作の行きあたりばったり的なところが補強された、ドラマのほうが私としてはよくできてると思う。「戦神」については、またそのうち。
さて、来週はヴァネ来日。迷ったが、まずは札幌。
posted by 夏居 at 22:37| Comment(1) | F4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

ヴァネ@札幌

そういうわけで、札幌公開収録に参加してきた。既にあちこちに詳細なレポートや写真はあがっている。収録された番組はFM札幌、FM東京でオンエア予定とか。どうせならば日本各地のほかのFM局もオンエア検討していただきたい。話の内容、迷としては「そうだよね」と、いったところだが、ヴァネス本人が、ちょっとことばをさがしながら答える様子など、言葉にならない部分がききどころになると思われる。すべて英語での受け答えだったんで、中国語よりわかりやすいという日本人、多いだろうし。

特筆すべきは愛紗の頑張りぶり。日本人として台湾の芸能界に基盤をおいて活躍するために、ものすごく頑張っていることは、番組みてりゃよくわかるんだが、話きいてると、さらにこの娘、それだけでなく使命感に燃えてます。「日本と台湾の架け橋」ってこと意識していて、それを舌っ足らずな話し方で体現しようとしている。

司会のおねえさんもF4について予習をしっかりしてきて、突っ込むところは突っ込んでた。

さてヴァネス。場面場面で印象がかわる人だな、てのが印象。ステージで一人だけ決まってたり、ブランド品で身を固めていたり、F4@TOKYOおまけDVDみたいに派手な格好で町中を歩いていたり、といったこれまでのイメージと異なり、この日のヴァネは、ふつうの青年、むしろ少年っぽいイメージ。ブランド品ではあるようだがカジュアルな服装のせいもあるが、受け答えも、シャイなかんじで初初しい。アジアのスーパーボーイズグループの一員のはずなんだけど、そこからくる奢りのようなものはみられない。公開収録はじめてってのもあるし、日本で一般の迷の前で話すのはじめてってこともあるだろうけれども。会場からは「かわいー」の声。感心するのは、常に笑みを絶やさないこと。それもごく自然でフレンドリーな笑顔。さすがはアメリカ育ち、なんである。

それにしても1年前の今頃を思うと、感無量。いつのまにやら、F4を知らない日本人よりも知っている日本人のほうが多いんでないか、という状況になっている。口コミやインターネットのF4サイトの功績もさることながら、F4をとりあげてきた一般の雑誌の影響力は大きいとみる。特にBSfanとAERA。小耳にはさんだところ、両誌ともやっぱり本気の迷の玄人がかかわっているようで。仕事冥利につきるんではなかろうか。偉い。
posted by 夏居 at 23:28| Comment(5) | F4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

とても久しぶり

とてつもなく久しぶりの更新である。孝天@大阪以降、いまやF4を知らない日本人よりも知っている日本人のほうが多いんでないか、というような国内情勢である。日本で、一部のおたく的迷だけでなく、広く社会的に、ほかのアジアの国々と同じように、アジアのスーパースターをすごく自然に受け入れているってのは、嬉しい。時代がなせることではあれど、駅に巨大な広告がおかれたり、電車が走ったり、ブルース・リーもジャッキー・チェンも、レスリー・チャンですらできなかった技。
さぼっている間に「戦神」が放映終了。新たに「ラブ・ストーム」がはじまってるし。「戦神」は評判通り、見応えありました。原作の行きあたりばったり的なところが補強された、ドラマのほうが私としてはよくできてると思う。「戦神」については、またそのうち。
さて、来週はヴァネ来日。迷ったが、まずは札幌。
posted by 夏居 at 22:37| Comment(1) | F4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。